皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

ミュゼの50円脱毛や100円脱毛といった激安脱毛のからくりを事業者(マーケター)目線で解説します

どうも!こーすけです。

こーすけ

このサイト(キニナルナル)の記事の中でも、こちらの記事↓

ミュゼプラチナムミュゼ100円のからくりを徹底調査!お得なキャンペーンはなぜ行われる?

が、よく読まれているようなので(つまりは、情報を求めている方が多いようなので)…

僕の方でも「読者の方に何か新しい知見を与えられたら…」と思い、今回記事を執筆することにしました。

執筆

ミュゼプラチナムの「100円脱毛」や「初回限定の激安キャンペーン」の“からくり”について事業者(マーケター)目線で解説したいと思います。

こーすけ

キーワードは「ギャップを利用した口コミ戦略」そして、「返報性の原理(法則)」です。

以下で詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください!

今すぐこの記事のまとめを読みたい方はこちら>>

WEB予約限定のお得なキャンペーン詳細はこちら▼

【ギャップを利用した口コミ戦略】お客さん「100円で脇とVラインの脱毛が6回できる?嘘でしょ?胡散臭い!」←こう思わせたミュゼの勝利

今日現在の話ですが、Googleの検索窓に「ミュゼ 100円」と打ち込むと…

以下のような検索キーワードが候補としてあがってきます。

2019年12月25日時点の検索キーワードの候補

補足
候補としてあがってくるということは、それなりに多くの人が、そのキーワードで検索しているということです。

この中でも注目すべきは…

  • ミュゼ 100円 からくり
  • ミュゼ 100円 嘘

こちら2つの検索キーワード。

このような猜疑心満載のキーワード(笑)で検索する人は、きっとこう思ってるはずです…。

こーすけ


ミュゼには100円脱毛のコースがあるって聞いたけど…
本当なの?なんか裏があるんじゃないの?嘘なんじゃないの?胡散臭い!からくりを知って、騙されないようにしなきゃ!

…と。


すべての方がこう思ってるいるかはわかりませんが…

きっと一定数の方は、上記のように思っていると思います。

あなたはどうでしょう?

こーすけ

そして、“そう思わせることに成功したこと”が、ミュゼがここまで“全国に店舗を拡大できた要因の一つ”だと僕は思っています。

どういうこと?よく分からないんですけど…!

好意的な口コミが広がるのはどっち?あなたが人に伝えたくなるのはどんな時?

おしゃべり

例えばの話…

超高級レストランに行って、“まあまあ美味しい料理”が出てきても

好意的な口コミを人に伝えようとは思わないと思うのですが…

「価格設定おかしくない?」と思うほどに安い料理店で“まあまあ美味しい料理”が出てきたら…

あそこのお店、めちゃくちゃ安いのに、予想を超える美味しさだったよ!おすすめ!

…と、身近な人に好意的な口コミを伝えたくならないですか?


超高級レストランの場合
超高級レストランの場合は…高いお金を払ってるから“美味しい料理が出てきて当たり前”と期待値が上がっているので、まあまあ美味しくても良い口コミは広がりにくいと考えられます。(そもそも高いから勧めにくいしね…。)

しかし!

激安料理店の場合
激安料理店の場合は…もともと期待値が低いので、まあまあ美味しいだけでも良い口コミが生まれやすいと考えられます。(安いから勧めやすいしね…。)
めちゃくちゃ美味しかったら、良い口コミが生まれるのは必然と言えるでしょう。

ミュゼはまさに後者に該当します

ミュゼの場合は…

100円という“価格設定おかしくない?という激安価格”で、お客さんの期待値を下げているわけです。(※あくまでも僕の個人的な認識です)

こーすけ


100円で脱毛?そんなの、どうせ大したサービス受けられないんでしょ?てか、そもそも嘘なんじゃないの?

なんか裏があるんでしょ?どうせ高額プランをゴリゴリ勧誘されるんでしょ?

…と。


ところが、蓋を開けてみたら、ただただ良質なサービスを提供してもらえるというわけです。

※ミュゼは、様々な項目で利用者から高い評価を得ており、数ある脱毛サロンの中でも顧客満足度No.1を獲得しています。(株式会社日本能率協会総合研究所調べ)
そりゃあ「良い口コミ」が生まれるのは必然ではないでしょうか?

こーすけ

身近な人が「脇やVラインを脱毛したい」と考えていたら、親切心からおすすめしたくなるのではないでしょうか?

こーすけ

補足
もちろん中には「予約が取りづらい」だとか「スタッフとの相性が合わない」などの理由で酷評する方もいるとは思いますが…基本的には、前述の通り「顧客満足度が高い」(=良質なサービスを提供している)脱毛サロンなので、良い口コミが広がるのは想像に難くないかと思います。

WEB予約限定のお得なキャンペーン詳細はこちら▼

あなたは「返報性の原理(法則)」という言葉を知っていますか?

僕は…【ギャップを利用した口コミ戦略】、もといミュゼの激安脱毛の“からくり”がうまく機能している要素の一つ「返報性の原理(法則)」があると確信しています。

こーすけ

返報性の原理(法則)とは?

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/返報性の原理

※マーケティング・ビジネスの世界では広く知られている知識の一つです。

つまり、何が言いたいかというと…

ミュゼは100円という価格設定おかしくない?という低料金で「良質なサービス」を提供することで“貸しを作っている”ということです。

こーすけ

当然のことながら…

いくら100円という激安価格で脱毛できるといっても、劣悪なサービスだったとしたら、好意的な口コミは広がりません。

むしろ…

やっぱり100円なだけあって全然大したサービスじゃなかったわ…。

と、“やっぱり予想通りだった”という悪い口コミが広がり、経営が成り立たなくなることでしょう。

しかし…事実として、そうはなっていません。
寧ろ規模は拡大し続けています。

こーすけ

なぜか?

それは…

“徹底的に「良質なサービス」を提供しているから”

これに尽きるでしょう。

100円しか払ってないのに、これほどのサービスを受けられるなんて…

そう思った人の中に…

脇やVライン以外も脱毛したい!

…という欲が出てきた人(もしくは、最初からそのような想いを持った人)がいたとしたら…

それはもう…

「他のコースも契約します!」となる…ということですね。笑

こーすけ

補足
新しく自分に合ったサロンを探すのは手間ですし、そもそもミュゼの脱毛・対応・サービスに満足しているわけですから「他の部位もぜひ!」となることは想像に難くないかと思います。

ミュゼの激安脱毛の“からくり”まとめ

からくり

100円で脱毛なんて絶対赤字になるじゃん!…なんでそれで事業が成り立つの?
上記のような意見・感覚はある意味“正しい”のですが…ミュゼはそれを“逆手に取った”ということですね。

こーすけ

価格破壊(100円脱毛)を行い、申し込みのハードルを下げる。且つお客さんの期待値も下げる。(新規顧客の獲得。好意的な口コミが生まれやすい環境を作る)

↓

好意的な口コミが生まれやすい環境のもと、徹底的に良質なサービスを提供し、お客さんの満足度を上げる。(紹介割なども用いて、好意的な口コミを拡散させ、更に新規顧客を獲得。)

↓

満足度が上がっているお客さん(返報性の原理が働き、ミュゼに恩を感じているお客さん)に、他のコース・プランの紹介をする。(強引な勧誘をしてしまうと一気に信頼関係が崩れるので、あくまでも軽い提案・紹介レベル)

↓

満足度が高いお客さんの中には、「脇やVライン以外の脱毛に興味がある人=他のプランに申し込む人」が一定数いるので“100円脱毛”で赤字となっても、それを上回る売上を生み出すことが可能となる。
ここまで記してきたような【ギャップを利用した口コミ戦略】そして「返報性の原理(法則)」を用いて、ミュゼは事業を成り立たせている…僕はそのように思っています。

こーすけ

WEB予約限定のお得なキャンペーン詳細はこちら▼

からくりが分かれば、1番お得に脱毛できる人もわかる!

ミュゼで1番お得に脱毛できる人とは?

言うまでもなく明らかですが…1番お得に脱毛できる人は初回限定キャンペーンのみを利用する人です。

こーすけ

補足
現時点(2020年4月時点)で言えば…「一度100円を支払うだけで“両ワキ・Vラインを5年間脱毛し放題のキャンペーン”」のみを利用する人です。

最後に

「ミュゼの初回限定キャンペーン」=「超お得なサービス以外のなにものでもない」ということをご理解いただけたかと思います。

もちろんミュゼとしては…

「初回限定キャンペーンを利用した方には、その後も他のコースを契約してほしい…」と思ってるに決まっていますが…

選ぶのは消費者の自由です。

ですので…

「自分が脱毛したいと思う箇所=キャンペーン脱毛の対象」ということであれば、あまり気負わず申し込みされることをおすすめします。

とにかく今月のキャンペーン内容がお得過ぎるので、後悔のないよう一度確認してみてください。

こーすけ

\ミュゼプラチナム公式サイト/
それではまたっ!

こーすけ

注意
この記事の内容は、あくまでも僕目線の認識・解説であり、ミュゼ内部の人間から聞いた話でもなければ、ミュゼが公式にアナウンスしているものでもありません。その点、悪しからずご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください