皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

【Steven Richter】有名映画スターを粘土で作り出す!神彫刻家YouTuberスティーブン・リヒターとは?

2019年に公開された映画『ジョーカー』、あなたはご覧になりましたか?

ゆき

私はまだ観ていませんが、かなり面白そうですよね!

ところで!突然ですが、こちらの画像、映画『ジョーカー』のワンシーン‥‥。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w8-sYQnzYxc

ではないのです‥‥!

騙されちゃったそこのあなた!これ、なんだと思います?

ゆき

なんだも何も、ジョーカーだろ?

いえいえ。実はこれ、粘土なんです。

正確に言うと、粘土で彫刻を施したジョーカーの実物大の胸像!

さらに正確に言うと、2008年公開のバッドマンシリーズ映画『ダークナイト』のジョーカーなので、モデルは故ヒース・レジャーです。

ゆき

今回は、柔らかい粘土から様々な映画スターや人物、欲しくなってしまいそうな映画の小道具を作り出す、神のような彫刻家YouTuber 、Steven Richter(スティーブン・リヒター)さんについてご紹介します!

ゆき

ちなみにこちら…売ってます…!!

Steven Richter(スティーブン・リヒター)チャンネルとは?

2010年に開設された、Steven Richter(スティーブン・リヒター)チャンネル。

現在、97.7万人ものチャンネル登録者数を誇っています!

ゆき

もう100万人!

とにかくまずは動画を!

とにかくまずは、冒頭でご紹介した『ジョーカー』の動画をご覧いただきたい!

たまに「おっふ!」となるような、グロテスクなシーンもありますが、安心してください。全部粘土です。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w8-sYQnzYxc

歯は樹脂粘土とか液体粘土で作っているんでしょうか…?

ゆき

何度観ても、完成した瞬間には息を飲んでしまいます…!

次にご覧いただきたいのは、最も再生回数の多い「ハルク」!

モデルは、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』に登場したハルクだそう!

3600万回以上も再生されています…!

ゆき

だってこれが…。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w0woKlj5Zd0

こうなるんですもん…!

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w0woKlj5Zd0

ハルクの口から今にもよだれが出そうなくらい、超リアル…!

ゆき

英語が分からなくても大丈夫!

スティーブン・リヒターさんの動画で何よりもありがたいのは、言語を必要としないところ。

音楽と流れるような映像だけで、彫刻作品を見せてくれます。

「タイムラプス(低速度撮影)」と呼ばれる撮影方法で、動画を作成しているそうです。

タイムラプス(低速度撮影)
カメラの回転速度を低くして、撮影するコマ数を24枚/秒(ビデオの場合には30枚/秒)より少なくして撮影する技法。一般的にはコマ落としなどと言われている。
静止画をつないで、動画に見せるものを特に「タイムラプス」写真という。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/低速度撮影

このスピード感が、魔法のように作品を作り上げているように見えて、とても不思議。

ゆき

Steven Richter(スティーブン・リヒター)って何者?

この方がスティーブン・リヒターさん!

ニューヨーク在住の彫刻家なのだそう!

スティーブンさんの職業は?

ゆき

なるほど、本職が彫刻家なのね!
とはいっても、彫刻家ってどんな仕事してるの?

どーなのくん

スティーブン・リヒターさんは、Tom Spina Designs、Inc(トム・スピナ・デザイン社)にて、肖像彫刻・鋳造・塗装・木工・模型製作などを行うアーティストとして働いているそう。

補足
トム・スピナ・デザイン社は、特注の彫像や彫刻、マネキンの制作、映画の小道具と衣装の復元などを専門に制作する会社。

美術館やレストラン、テーマアトラクションなどの企業向け販売だけにとどまらず、ホームシアターの制作や個人コレクター向け販売など、一般の方でも利用できるようになっています。

これ…趣味で作ってるんだそう…

スティーブンさんの動画、完全にお仕事作品だと思っていましたが、実は「趣味」なのだとか…。

ゆき

スティーブンさんの趣味がそもそも「彫刻と小道具の作成」で、特技は「ビデオ編集とデジタルアート」とのこと。

それはもうYouTubeにアップしてもらわないと!って感じですね。

販売もされています!

色々調べてみた結果、なんと、YouTubeで公開された作品が販売されていました!

「Etsy」という、ハンドメイド・オーダーメイド商品を取り扱うサイトにて、クリエイターとして商品を出品されていたんです!

すでに117商品も売り上げていました…!

ゆき

気になるのはお値段ですよね!

例えばこちらの動画に登場する、実物大のジョーカーの胸像(モデルはヒース・レジャー)の価格は…。

画像引用元:https://www.etsy.com/jp/listing/753037335/joker-bank-heist-version-life-size-bust?ref=shop_home_active_8

170,455円!!!

ゆき

いや…!安いくらいなのかもしれない…!

しかし、その他は高くても3万円程度、最も安いものになると10,795円でした。

注意
私は英語ができないので、英文訳は全てGoogle翻訳先生に全面協力してもらっています。Steven Richterさんの販売商品の有無、また「Etsy」が日本への販売を行っているかなど、商品の購入等に関しましてはご自身にてご確認ください。

絶対観てほしい!神業スティーブン動画

「手先が器用ですね」どころか「どんな能力使ってるんですか?」ってレベルのスティーブンさんの作品。

ここからは、「ぜひ観てほしい!」私のおすすめ動画をご紹介します!

ゆき

アイアンマン(fromヘルボーイ)

映画『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』から、アイアンマン!

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pT8XmJ1E1U0

ゆき

トニー・スタークのデスマスクといってもいいものが…!

3Dプリンターなんかも使用しているんですね。

ちなみに、最初に顔面に粘土をぶち込まれていたのは、こちらの動画のヘルボーイ…。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=tdj_gKcAl2I

こちらは2004年のヘルボーイ役(ロン・パールマン)と、2019年のヘルボーイ役(デヴィッド・ハーバー)を左右半分ずつで一つの顔にしています!

せっかく作ったのに…!(スティーブンさんはよく再利用します)

ゆき

ジュマンジ・ボード

スティーブンさんの不思議な能力が使えるのは粘土だけに限りません!

ゆき

木材だってお手のもの。

1995年に公開された、ロビン・ウィリアムズ主演の映画『ジュマンジ』。

この作品の要である「ジュマンジ・ボード」の完璧なレプリカ…!

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=f2k17LhD6_U

完成度が高いとかそんなんじゃなくて、本物でしょ?これで映画撮ったんでしょ…?

ゆき

ちなみに映画『ジュマンジ』に登場する本物のボードはこんな感じ▼

チラッと見ただけでもクオリティの高さを実感できます…。

アクアマン

最後に、ホラー界の巨匠ジェームズ・ワン監督がメガホンを取った、スーパーヒーロー映画『アクアマン』

ゆき

ジェームズ・ワン監督作品だけど怖くないらしいですよ!(観てない)

漂白剤を使って、良い感じの髪色と、アクアマンっぽい髪質ダメージ加工にしております…!

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bASJ4LCgEIc

信じられないクオリティですが、こちら先ほどご紹介した「Etsy」というサイトにて34,091円で売られてました…。

もう安いのか高いのか分からない!
ぜひ、引き続きスティーブン・リヒターさんの芸術的な彫刻動画、楽しんでみてくださいね!

ゆき

\オモシロイYouTuberの発見に/
YouTubeの記事一覧はコチラ
\オモシロイYouTuberの発見に/
YouTubeの記事一覧はコチラ