皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

【トリビア第2弾】あなたもきっと観たことがある!有名名作映画の作りモノではないホントの話

映画を観ているとき、「この時、この俳優さん緊張したのかな…?」とか、「この衣装どれくらいするんだろう?」とか、考えたことありませんか?

映画は夢のような物語ですが、ちょっと客観的に見てみると、そこには必ず、作りモノではない現実があるわけで…。

今回は、そんな映画のリアルを求めて!きっと誰もが一度は観たことがある、有名な名作映画の中から、おもしろいトリビアをご紹介したいと思います!

ゆき

話の小ネタなんかにもどうぞ!

ローマの休日

まずは、言わずと知れた名作映画「ローマの休日」!

まだ無名女優だった、オードリーヘップバーンの可愛さが炸裂している本作から、3つのトリビアをご紹介します。

「真実の口」シーンはアドリブ

これは知っている方も多いかもしれません。実はこのシーンは台本にはないアドリブ

新人だったオードリーの緊張をほぐすため、相手役のグレゴリー・ペックが本当に手を失ったかのような演技をしたのです。

オードリーの驚き方も全部素なんです。さすが真実の口。

ゆき

ローマで妻と出会ったグレゴリー・ペック

そんなお茶目なグレゴリー、実はこの映画の撮影前に前妻と別居し傷心していたのだとか。

しかし、この「ローマの休日」の撮影中、フランス人の女性と出会い、恋に落ちました。

ゆき

前妻との離婚成立後に結婚し、彼女と一生を添い遂げたグレゴリー。
映画のように本当に、ローマで恋に落ちたんですね。

カメラ付きライターは日本製!

こちら、オードリーのスクープを撮影するために使用されたライター型カメラ

実は、1951年に販売された鈴木光学製の「エコー8」と呼ばれる日本製のカメラなんですって!当時はカメラライト、豆カメラなんて呼ばれていたそうですよ。

名作の重要アイテムが日本製って、なんだか嬉しいですね!

ゆき

「ローマの休日」、「dTV」では有料でしたが、「Hulu」では無料視聴できます!

「Hulu」の詳しい登録方法などはこちら!
【Huluの登録方法を徹底解説】「ナショナルジオグラフィック」が見たいので「Hulu」に会員登録してみた! 参考 Hulu公式サイトHulu

ホームアローン

続いて、こちらの記事でもご紹介しました!
クリぼっち集まれ~!ぼっちに優しいクリスマス映画4作品!キラキラに負けないぞ…!

クリスマスには必ず観たくなる映画「ホームアローン」から、2つのトリビア、そしておもしろ情報をご紹介!

ツリーのオーナメントはキャンディ?

マカリスター家の窓から泥棒が侵入する際、ケビン(マコーレー・カルキン)の仕掛けた罠により、ツリーのオーナメントを裸足で踏んでしまう、という痛々しいシーンがあります。

あのガラスに見えるオーナメント、実は全てキャンディでできているんですって!

足で踏まれて砕けた感じもガラスに見えますよね!
それにしても、キャンディとは言え生足は絶対痛い…。

ゆき

従兄のフラーはマコーレー君の実弟!

「おねしょったれ」と、ケビンに一緒に寝るのを嫌がれる、丸メガネの従兄フラー

実はキーラン・カルキンという、マコーレー君の実の弟なんです。

ゆき

分厚い真ん丸メガネのせいか、兄弟とは分かりません!

38才のケビン

昨年のクリスマス時期に公開されたGoogleのCM

内容はなんと、38才になったケビンが、ホームアローンよろしく一人で留守番するというもの。

Google Assistantを活用し、「ケビン大作戦」で泥棒を撃退するコマーシャルです。

ゆき

腰が痛くなる38才のケビン。

パイレーツ・オブ・カリビアン

ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウが大活躍する「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ。

ゆき

あなたもどれか1作品だけでもご覧になったことがあると思います。

今回は、記念すべき1作品目「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」にまつわるトリビアをご紹介します!

ディズニー前CEOはジョニーが気に入らなかった?

この「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの製作はディズニーですが、当初ディズニーの前CEOは、ジョニー・デップが演じるジャック・スパロウを気に入っていなかったそうです。

ジャックのフラフラとした身のこなしを、「まるで酔っぱらっているようだ!」と批判したのだとか…。

でも結果として、ジャックはジョニー・デップ以外考えられないくらい大成功したんですけどね。

ゆき

ジャックのモデルはあのかわいいキャラクター?

ジャック・スパロウのキャラクターとして、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の脚本家は、「バックスバニー」をイメージしました。

ゆき

アラかわいい。

しかし、ジョニー・デップは役作りの際、同じくルーニー・テューンズに登場するキャラクター「ペペ・ル・ピュー」(スカンク)を参考にしたと語っています。

また、ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズもイメージに加えたのだとか。

「ハッ!」とした方!そうなんです!3作目となる「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」で、ジャック・スパロウの父、キャプテン・ティーグを演じたのは、キース・リチャーズでしたよね!

ゆき

ジョニー・デップが猛烈に出演をお願いしたのだそうです。

ディズニーと言えば、隠れミッキー!

「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」は、ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」をモチーフに作られていますが、この作品にも、隠れミッキーがいるのをご存知でしたか?

バルボッサがポート・ロイヤルを襲撃するシーンで、最後の大砲の煙がミッキーのシルエットになっているんですよ!

この隠れミッキー、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ全てに登場するらしいので、ぜひ、他のシリーズでも探してみて下さいね!

ディズニーランドで隠れミッキーを探し始めると、もうミッキーの形じゃないものまでミッキーに見えてくる不思議…。

ゆき

トリビアを知ると映画がもっとおもしろくなる!


ロケの合間にトランプをするオードリーとグレゴリー。

映画は人間が作り出すもの。その舞台裏には色々な「ホントの話」があるものです。

そういうものをちょっと知るだけでも、一度観た映画がまた更におもしろく感じられます。

ゆき

みんなの友達「ジブリ映画」のトリビアもぜひ、楽しんでいってくださいね。
【トリビア第1弾】みんなの心の故郷「ジブリ映画」!知られざるトリビアをご紹介!