皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

ブライトエイジとは?第一三共のコスメは危険?ダーマエナジーとブライトエイジの違い

最近、ニッコリ笑うと目尻の笑いジワが気になるようになってきました。

そして今の私の一番の悩みは、アラサーにして「そばかす」が増えてきたこと…。

そばかすって、10代のピチピチギャルが悩むもんじゃないんですか…?

ゆき

未だにニキビもできるし、思春期と更年期の間を縦横無尽に肌荒れしている感じです。

ゆき

とりあえずまだ更年期障害はありません…。
でも肌は更年期ばりの荒れ模様です。

そんな感じで、ガンガン進行していく加齢と戦うべく!目を付けた化粧品のレビューをしていきたいと思います!

今回は、第一三共ヘルスケアが販売している「ブライトエイジ」というスキンケア化粧品!

第一三共ヘルスケアといえば!美白スキンケアの「トランシーノ」が有名ですよね!

今回ご紹介する「ブライトエイジ」も、美白とともに、エイジングケアにも力を入れた化粧品らしいです!

本気で「そばかす&小じわ」に向き合うべく、今回から「ブライトエイジ」についてじっくりご紹介していきたいと思います!

まず第1回目は、「ブライトエイジ」の気になる美容成分について、そして私の失敗談について、お話ししていきたいと思います。

ゆき

私はブライトエイジの回し者ではないので、全てにおいて辛口で批評していきます!

ブライトエイジ?

そばかすには美白、小じわにはエイジングケア…。「2つのトラブルを同時に解決してくれる化粧品はないだろうか…」と悩んだ末にたどり着いたのが「ブライトエイジ」でしたが…。

ひとつの問題が浮上しました…。

ゆき

製造元は第一三共ヘルスケア

製造元はあの有名な「第一三共ヘルスケア」

風邪薬の「ルル」「プレコール」・「カコナール」、鎮痛解熱剤の「ロキソニン」、胃腸薬の「ガスター10」・「第一三共胃腸薬」、そして誰もが一度はお世話になったことがるだろう「マキロン」など、堂々たるラインナップです。

こちらの記事でもご紹介した「口内炎薬トラフル」も、第一三共ヘルスケアです。

口内炎軟膏「ケナログ」販売中止!代わりになる口内炎薬を種類別に比べてみました!
「プレコォール♪」や「第一!三共!胃腸薬♪」など、どれもCMの音楽と共に商品名が歌える…。

ゆき

有名なスキンケア化粧品は、先ほども上げた美白化粧品「トランシーノ」

そして敏感肌スキンケアでお馴染みの「ミノン」

ゆき

超!敏感肌の私は、しょっちゅうミノンのお世話になってます。

また、赤ちゃんにも使えるほど優しい「ロコベースリペア」シリーズなどなど…。

長年使い続けているミノンへの安心感から、「思い立ったら即行動」できる人に憧れる私は、2,980円のお得なセットを即注文しました!

そしてブライトエイジの到着を待っている間、ネットで気になる記事を発見…!(号泣)

ゆき

販売中止になった「ダーマエナジー」

なんと!2013年11月、第一三共ヘルスケアは、通販化粧品 「ダーマエナジー」の販売を中止していた過去があったのです…。

ゆき

白目。

ダーマエナジーとブライトエイジの違い

そこからはもう血眼で「ブライトエイジ」の情報を集めまくりました。

もう二度と「思い立ったら即行動」なんてバカな真似はしない…(泣)。

ゆき

ダーマエナジーの主要な美容成分

まずは販売中止になった「ダーマエナジー」の主な成分について調べてみました。

それは…!レチノール!

正直、「ああ…そりゃそうだよ」という感じ…。

レチノールは肌のターンオーバーを促進し、シワやシミを改善するのに有効な成分ですが、副作用も強いのが特徴。

ゆき

効果はありますが、その分刺激が強いのです。

私はレチノール配合のアイクリームを購入する際、以下のことを美容部員さんにしっかり説明されました。

レチノールの注意点
少量から使用を始め、肌に異常がなければ既定の使用料を使うようにする。紫外線のダメージを受けやすくなるので、使用はできるだけ夜のみ。日焼け止め(SPF15以上)も必須。妊婦さんは原則使用できない。

レチノールに関しての正しい情報が広がりだしたのも、レチノール配合の化粧品が増えてきたのもここ最近の話。

しかし、ダーマエナジーが発売されたのは、2012年。

おそらく、刺激の強いレチノールを高濃度で配合した商品を、正しい情報を伝えないまま、消費者に販売したのが原因だと思います。

ブライトエイジの主要な美容成分

おそるおそる…、ブライトエイジの主な美容成分を調べてみると…。

トラネキサム酸!!

トラネキサム酸といえば、2005年に資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分!

ゆき

今現在多くの化粧品に配合されている美白有効成分です。
補足
資生堂は「m-トラネキサム酸」と呼称していますが、成分は「トラネキサム酸」と同じです。

有名なトラネキサム酸配合化粧品

  • トランシーノ:第一三共ヘルスケア
  • HAKU:資生堂
  • クレ・ド・ポーボーテ:資生堂
  • dプログラム:資生堂
  • エリクシール:資生堂
  • イプサ
  • アユーラ

ゆき

さすが資生堂が多いですね!

トラネキサム酸は安全?

今のところ、「トラネキサム酸に関しての安全性は高く、副作用もほぼない」とされているようです。

資生堂の安全性データでは、皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

10年以上の使用実績もあるので、安心して使用できそうです…。ほっ。

ゆき

しかし、私はビビリなので、まだブライトエイジの全てを信用したわけではありません。

ゆき

ここまできたら調べ上げてやる…!

ということで次回は、「心配性アラサー、血眼でブライトエイジの全成分を調べ上げる」です。

お楽しみに!

ブライトエイジの全成分を公開&解析!安全なのか?エイジングケア効果は期待できる?