皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

病院薬剤師になりたい!でも、給料は安いって本当?やりがいは?

薬剤師にありがちなキャリアプラン。
「新卒は病院に就職し、数年後に転職する」

よく聞きますよね・・・!!私の大学ではこのプランを語る人が多くいました。

やくたん

はじめは病院で幅広い知識を身につけたいという思いから来ているのだと思います。

ではなぜ数年後に転職するのか?
この理由の1つとして、病院薬剤師の給料が安いから。という噂が・・・

結論から言うと、病院薬剤師の給料
調剤薬局やドラッグストアと比較すると安い傾向にあるのは事実です。

では、果たしてその給料に見合った「やりがい」は、あるのでしょうか?

病院に就職したいと思っているあなたが失敗しないよう説明していこうと思います!!

やくたん

幅広い経験ができ、やりがいを感じられる。

そもそも、病院薬剤師の魅力とはいったい何なのでしょうか。

やくたん

経験を積める

大学病院など急性期の医療機関では
さまざまな症状の患者さんの医療を行うため

最新の設備が整備され、扱う医薬品も多く
幅広い経験ができます。

感謝される

業務内容が調剤メインから、病棟中心へシフトし
患者さんと直接関わる機会も増えました。

薬物治療・服薬指導によって
患者さんが良くなっていく姿を身近に見ることができ

「ありがとう」と感謝されれば
それが仕事のやりがいにつながります。

知識の習得

医師が書いたカルテを見ることが可能なため
疾患と薬がどう結びついているのかを知ることで
知識を深めることが出来ます。

他職種連携

医師、看護師、臨床検査技師、作業療法士、臨床心理士、ソーシャルワーカーなど
他種職の方々との交流する機会があります。

連携しながらチームとして関わっていくことで
医療を多面的に見えるようになります。

病院薬剤師の年収は比較的低め。

前述の通りですが…

病院薬剤師は、一般的には調剤薬局やドラッグストアなどと比較して
給料が低い傾向にあります。

年収事情
病院薬剤師の年収相場は、350万~400万円ほどです。
病院のタイプや運営・経営状況によって多少異なるものの
基本的には、大学病院から一般的な病院まで、薬剤師の給料はあまり変わりません。
仕事のやりがいより、収入面を重視して働きたい方には不向きかもしれません。

やくたん

関連記事はこちら
ドラッグストアに向いている薬剤師は?仕事内容と給料について

なぜ病院で働きたいのか?を、深く考えてみよう。

なんとなく病院と聞くと、響きが良いような気がして・・・。
という漠然とした理由で自分の進路を決めることのないように!

もしあなたが
薬や病気について勉強をしたいから病院に勤めたいという場合は
総合病院の門前にある調剤薬局でも同等の薬の種類を扱っているし
MRによる勉強会がひらかれる機会も多いため、十分勉強は出来ますよ。

「チーム医療」という言葉が飛び交う世の中の流れを受け
病院薬剤師としてチーム医療に貢献したいという思いのある方にとっては

薬局やドラッグストアと比較すると給料は安いものの

医療の最前線で他職種の方と連携し活躍できる…
やりがいを感じられる…

そんな病院薬剤師は、魅力的な仕事と言えるかもしれませんね。

あなたは、なぜ病院で働きたいと思いましたか?この機会にぜひ、じっくり考えてみましょう!!

やくたん