皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

増え続ける薬学部。これからの薬剤師の役割と必要性とは?

「薬学部」
ここ何年かで、多くの大学で新設されましたね。

やくたん

少子高齢化は進んでいるものの
安定した職業として薬剤師の人気は高く、薬学部を受験する子も多いです。

そのため、薬剤師資格をもつ人は飽和状態にあると言われています。

また機械化・情報化が進んだことで、

  • 薬剤師はAIに代替出来るのではないか?
  • 薬剤師は将来いらなくなる?
必要性さえ問われるようにもなりました。

今回は、時代の変化によってシフトした
これからの薬剤師の役割について書いていきます。

薬学的知見に基づき、質の高い医療の提供を

時代は変わり・・・
これからの薬剤師は、「医師の処方箋にもとづき薬を調剤し、患者さんに渡す」
それだけではダメ。

なぜか。

  • 新薬が世の中へ次々と登場し、薬物治療の選択肢が広がったから。
  • 管理や使い方が複雑な薬も多く、リスクも高くなったから。
このような医療現場を医師1人でカバーしていくのは大変難しいです。

やくたん

医師が間違った処方をしたら?
薬剤師がそれに気づき疑義照会処方提案を行うことで医療事故を防げます。

また、患者さんとの会話から
症状と処方内容が一致するか判断することで、安心・安全に薬をお渡し出来ます。

さらに投薬後の患者さんの状態もみて
薬剤師の視点から指導を行うことで、より質の高い医療を提供できます。

患者さんとのコミュニケーション

AIでは決して代替出来ないのは、気持ちに寄り添った医療の提供です。
コンピューターに心はありませんから気持ちにより添うことは難しいでしょう・・・

だから薬剤師は必要なんです!!

やくたん

これには、思いやりのあるコミュニケーションを通して、患者さん一人一人と真摯に向き合うことが大切。

患者さん「どうしたら良いですか?」
薬剤師「・・・えっと、これは…」

予期せぬ質問に固まっている場合ではありません…。

臨機応変かつ正確で柔軟な対応が求められます。

やくたん

薬剤師にはまだまだ活躍する場がある!

これだけ薬学部が増え続けていても
薬剤師不足は解消されていないのが現状です。

そのため社会における必要性は大きいと言えるでしょう。

やくたん

医療環境は刻々と変化し、これからの薬剤師に求められる役割は変わってきましたが、今後も活躍する場はたくさんあります。

提供するすべての薬に責任を持ち、薬剤師としての専門性を活かして、医療に貢献できるよう頑張っていきたいですね!!

やくたん