皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

ドラッグストアに向いている薬剤師は?仕事内容と給料について

昔は、ドラッグストア=薬が売られているところでしたよね~。

やくたん

それが今では日用品の品揃えが豊富なのはもちろんのこと
スーパーのように生鮮食料品や飲料なども取り扱い
私たちの生活に欠かせない身近な存在になりました。

メモ
刻々と進化するドラッグストア業界ですが、メディアでも取り上げられるほど世間から注目されています!!
参考:進化するドラッグストア

今回は、そんなドラッグストアを就職先として考えている
薬剤師・薬学生の皆さんに向けて、

最も気になるであろう
仕事内容給料のことについて書いていきたいと思います!

幅広い業務を経験したい方にはおすすめしたい。

ドラッグストアの魅力
業務内容が多岐にわたるため

様々なことを学び、身に付けることで大きく成長できるという点です。

ドラッグストアの業務内容を紹介していきますね。

やくたん

お客様の対応 (相談・提案・販売)

お客様の相談に応じ、一般用医薬品をはじめ
サプリメント健康食品の提案や販売を行います。

医薬品~日用品まで扱うアイテム数が多いため
覚えることがたくさんあるのもドラッグストアの特徴。

化粧品に力を入れているところもあるようです!

やくたん

地域の人々の健康な暮らしを支えるための幅広い知識が身につきます。

また、多くのお客様と接することで
コミュニケーション能力が磨かれていき、薬剤師としての成長を実感できます。

調剤業務

最近では、調剤室を併設するところも多く
調剤薬局の薬剤師と同様の業務を行います。

在宅医療にも力を入れているところもあり
幅広い経験ができます!

店舗運営・経営

将来的には「経営者」として独立を目指すことも可能です。

地域住民の暮らしを支え、健康を守る拠点を運営していくって、かっこよくないですか?

やくたん

きっと大きなやりがいを感じられるはずです。

給料は魅力的。

薬学生がドラッグストアを希望する理由の一つに
「初任給の高さ」があげられます。

実際に就職活動しているとき、人材紹介会社さんから聞いた情報がこちら!

  • 新卒1年目ドラッグストア勤務薬剤師
  • 平均初任給:30万円前後(+残業代)
  • 平均年収:450~500万円
え・・・!!一年目で、こんなに貰えるんですね。

やくたん

薬学部(特に私学)は学費が高いため
奨学金制度を利用している学生は多く、一刻も早く返還したいとの声も。

労働時間は長く、年末年始などの休みも取りにくいですが
給料を重視する方には向いています。

平均年収でみると
大手チェーンにおいては700万を超えているところもありますね。(参考:年収ラボ
将来的にエリアマネージャー本社の管理職に昇進すれば、より高い収入(中には年収800万円以上も・・・)稼ぐことも夢ではありません!

キャリアプランに合った就職先を探しましょう!

  • 早いうちからマネージャーに出世したい!
  • 若いうちは多少残業をしてでも稼ぎたい!
  • 将来は独立したい!

というように・・・
目指したいもの、理想的な働き方、キャリアプランは人それぞれです。

各社のホームページには薬剤師のキャリアマップが掲載されています。
自分らしく働ける環境かどうかの判断材料にもなりますのでぜひ参考にしてください。

やくたん

希望年収と照らし合わせながら、これは向いているかも!と自分に合った就職先を探すのがベター!

やくたん

ドラッグストア業界では、まだまだ薬剤師が不足しています。

ネット広告に出てくる求人の多さが物語っていますよね…

やくたん

もし興味を持った方は、ドラッグストアへの就職をぜひ一度検討してみてください!!