皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

【ネタバレなし】天気の子を観てきた感想。賛否両論分かれる映画と納得しつつ、僕はこの作品を高く評価します。

本日、公開初日を迎えた「天気の子」を観てきました!

こーすけ

ひと昔前の僕なら…

話題作?観ないね。
流行りものには乗らないんだよ、俺は!

こーすけ

ってな感じの
ひねくれ中二病野郎でしたが…

今の僕は違います。(キリッ)

こーすけ

新しいもの好きな中二病野郎です。
ガッツリ流行りに乗っかります。(なんでもってわけじゃないんだからね!)

そんなわけで…
天気の子を観てきました!
タピオカドリンクを片手に…笑

流行りに乗っかり過ぎだろ!

そんなツッコミが聞こえてきそうですが…
構わず、話を進めていきますね。笑

初めに超語彙力不足な感想を列挙させてもらいます…

こーすけ

いきますよ!

こーすけ

  • 3回くらいグッときた!ヤバイ!
  • 映像めちゃんこキレイ!ヤバイ!
  • 天野陽菜(森七菜)の声がめちゃかわいい!ヤバイ!(ってか、新海監督の作品のヒロインの声…毎回好き!笑)
  • RADWIMPSの曲と映像の親和性がヤバイ!(もう新海監督の作品とRADWIMPSの曲は切り離せないんじゃない?)
  • (最後)あれ?俺ってなんでこの作品を観て泣きそうになったんだっけ?
観終えての感想は、こんな感じですかね。

こーすけ

ほんと…語彙力不足が過ぎる!

そんなツッコミが聞こえてきそうですが…
まだまだ進めていきますね。笑

「天気の子」は賛否が分かれる作品!?

正しくない内容を語ろう、いわゆる賛否の分かれるものを作りたいと思ったのです。

出典:https://news.goo.ne.jp/article/nikkeistyle/entertainment/nikkeistyle-DGXMZO4664800027062019000000.html

新海監督が上記のように語った通り

これは賛否が分かれる作品だろうな!

こーすけ

…と僕も思いました。

前述の通り、僕は映画の最後に

あれ?俺ってなんでこの作品を観て泣きそうになったんだっけ?

こーすけ

…と、なんとも表現しづらい違和感を感じました。

つまり、僕はどちらかというと
「否」の方なのかなと思った次第です。

上映中3回もグッときといてね…笑

こーすけ

ただ、誤解してほしくないのは…
この「否」ってのは、新海監督の作品を「否定する」、「否定したい」という意味での「否」ではなく、この作品で語られる価値観(って言うのかな…)を僕はすんなりと受け入れることはできないなぁ…という意味での否です。
この感じ、作品を観た人の一定数はわかってくれるはず…!笑

こーすけ

てか、作品に対しての評価は「否」ではなく、むしろ素晴らしい!の一言。

こーすけ

いや、一言では語れない素晴らしさです。

観終えてから数時間経った今も…この文章を書きながら、「天気の子」のことを考えていますしね。笑

こーすけ

それにもう一度確認したいシーンやセリフがあるので…
「もう一回観たいなぁー」というのが正直な感想です。

こーすけ

新海監督は泣かせ上手

話は少し変わりますが…
新海監督は泣かせ上手ですね。

他の作品を観ても思ったことですが…

本当に自然に…
登場人物のバックグラウンドを
観てるこちらの実体験とうまく重ね合わせて(感情移入させて)

その登場人物が
感情的になった場面で(観てるこちらの感情も大きく動く場面で)
大音量で素敵な曲をIN!(天気の子の場合はRADWIMPSの曲をIN!)

そりゃグッときますわ!
ニクいね~。笑

こーすけ

ネタバレなしなので、感想はこの辺で…少しネタを

映画を観ながら深く共感したシーン・セリフ。
「2分がうまいんだよ」

このシーン…。
カップヌードルのCMでも使われていたんですね。
知りませんでした…笑

こーすけ

このシーンはかなり共感したシーンだったので印象的でした。笑

こーすけ

「天気の子」を観た方の感想(ネット上の声)を集めてみた

僕以外の人は「天気の子」を観てどう感じたのか…
興味があったので、ネット上の声をいくつか集めてみました。

こーすけ

Twitter上で「天気の子」というキーワードで検索をかけて
ザーッと確認したところ…

上記のように
好意的な感想が目立ちましたね!

個人的には「君の名は」の方が好きですが
「君の名は」よりも良かった!という声もあったりで

ネット上の声を確認したところ
前作の大ヒットに負けない勢いを感じた次第です。

こーすけ

最後に

「やっぱ、売れる作品、売れる人には、それだけの理由があるよなぁー!」ってのが
ここ数年、僕の中で強さを増してきた価値観の一つです。

多くの人の心を打つものが
必ずしも自分の心を打つものとは限らないけども(逆も然り)

それでもやっぱり!
多くの人の心を打つものにはそれだけの「何か」…
言い換えるなら「パワー」があるなぁって!そんな風に思います。

新海監督の作品が、なぜ今の世の中でこれほどまでに受け入れられているのか…注目されているのか…?

こーすけ

そんなことにも興味を持ちながら(疑問や好奇心を持ちながら)
映画館に足を運んでみるといいんでないかなーと僕は思います。

大袈裟かもしれませんが…
もしかしたら、この先の人生を生きる上での
何かしらのヒントを得られるかもしれません。

…と、まぁそんな感じで、この話は終わり!それではまた!

こーすけ

【おまけ】

RADWIMPSの曲と新海監督の作品…親和性がすごいっす…

こーすけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です