皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

パウダー洗顔比較3選!敏感肌の洗顔方法!肌に優しく汚れを落とす方法を伝授!

私は敏感肌なので、ピーリングやゴマージュ、スクラブなどは刺激が強くてあまり使用できません。

ゆき

だがしかし、毎日の洗顔だけでは落としきれていない汚れがあるのだ…。

その証拠に、月に何度か、肌がめっちゃゴワゴワするし、乾燥とは違う何か(たぶん自分の皮脂や汚れ)でガサガサします。

その時の化粧ノリは最悪ですし、化粧水が肌に入っていきません。

肌に溜まった老廃物を排除すべく、ピーリングやゴマージュでさっぱり、ツルツルに洗い上げたい気持ちは山々なのですが…、肌が悲鳴をあげること受けあいなのでうまくはいかないのです。

そんなこんなで、週に1度のスペシャル洗顔として、私が選んだのが「洗顔パウダー」!

今回は、私が実際に利用したことがある洗顔パウダー3商品のご紹介と、「とにかく肌に優しく、でも汚れはしっかり落とす方法」もご紹介します!

試行錯誤を重ね、私があみ出した最強に優しい洗顔方法です!手間はかかるけど、絶対に肌荒れはしないはず…!敏感肌の方、ぜひトライ!

ゆき

第3位:洗顔パウダー/ファンケル

ファンケル・洗顔パウダー
50g/1,200円(税抜)

私は週に何度か使用する「スペシャルケア」目的で購入したのですが、こちらは毎日使っていいとのこと!

多くの洗顔パウダーは、その成分に「酵素」が含まれていて、その酵素の力で汚れを落とすのですが、こちらは「アミノ酸」なので、普通の洗顔料とほぼ同じなんです。

ゆき

私が期待した「スペシャルケア」ではなかったので、第3位ですが、洗顔料としては充分優秀だと思います。

特に、「防腐剤」・「香料」・「合成色素」・「石油系界面活性剤」・「紫外線吸収剤」不使用なので、敏感肌の方におすすめです。

補足
こちらは完全に無添加らしいので、使用期限は60日と決まっています。開封したら2カ月以内に使いきらなければいけません。

ちなみに私はその日の肌の状態で洗顔料を変えているので、2カ月じゃ使い切れず、最後はボディーソープに混ぜて使ってしまいました…。

その辺りが「もったいない!」と思ったのですが、公式サイト限定で分包タイプが販売されていました!

ちなみに50包(50回分)で1,450円だそうです!使い切れるか不安な方は分包タイプがおススメ!

ゆき

ファンケル(FANCL)洗顔パウダー 1本 50g

新品価格
¥1,157から
(2019/7/20 16:58時点)

第2位:リフターナ/pdc

リフターナ クリアウォッシュパウダー
32包(32回分)/1,400円(税抜)

人もコスメも外見で判断してはいけませんが、このパッケージ、完全に私の肌と敵対する感じがプンプンします。

なのになぜ購入してしまったのか…敏感肌というコンプレックス故か…!

ゆき

なんて…、そんな難しい感情ではなく、友人との飲み会の帰り、酔っぱらった勢いで「激安の殿堂」で購入しちゃったんですね。しかも激安ではなく定価で。

買ったものは仕方がないし、使わなかったらもったいないし、「合わなかったら昨日の友人にあげよう」と、全く期待せず使用したらまさかの大ヒットで現在リピ2回目の酵素洗顔パウダーです。

ゆき

全く荒れないわ、肌はサッパリするわで驚いた商品!

泡立てネットで泡立てて使用するのですが、いわゆるモッチリ泡みたいなものは作れません。

若干のスカスカ感が気になるので、私はいつも手持ちの洗顔フォームを加えています。

ゆき

いきなりモコモコの泡になりますよ!
補足
手順としては、まず洗顔フォームを泡立てて、そこにリフターナを加えて泡立てるとうまくいきますよ!

臭いなどは全くなく、実はマンナン(スクラブ)が配合されているのですが、粒子が細かいので肌に対するダメージは感じませんでした。

ファンケルと違って、最初から分包タイプなのでありがたいです。価格もなかなか良心的!

ゆき

リフターナ クリアウォッシュパウダー 0.4g×32包

新品価格
¥1,166から
(2019/7/20 17:00時点)

第1位:suisai スイサイ/カネボウ

suisai スイサイ・ビューティクリア パウダーウォッシュ
15個/1,000円(税抜)・32個/2,000円(税抜)

「いちご鼻がなくなる!」という口コミを信じ、15個入りをせっせと試したのですが、結果的に私はまだ立派ないちご鼻です。

しかし、着色料フリー&香料フリーで、使用感は肌にとても優しい感じです。

しばらく週に2回を目途に使用してみたのですが、全然刺激を感じなかった私は、調子に乗って、以下の方法も試してみました。

ゆき

その名も「こってりマッサージ」
  1. スイサイに少量のお水を垂らし、じっくりとペースト状にします。
  2. こってりとしたクリームのような感じになったら、小鼻やおでこなど気になる部分にのせて、優しくくるくるマッサージ。
  3. その後、お湯で顔を濡らし、顔全体を優しく泡立てて洗い流します。

ポイントは最初のお水を少量にすることです。でも、スクラブ感が強すぎると刺激になるので、若干泡立つくらいにしたほうが私は好みでした。

注意
スクラブのようになるので、刺激が強い方は普通に使用してください!

刺激もなく、泡の質も充分、洗い上がりもダントツで乾燥しないので、今のところトップはスイサイです!

気になる方は少量の15個入りパッケージから使用してみて下さいね。

でもちょっと、容器が開けづらいんだよなぁ…。

ゆき

カネボウ・スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ (洗顔パウダー) [並行輸入品]

新品価格
¥1,852から
(2019/7/20 17:01時点)

敏感肌さん向け洗顔方法

泡たっぷりの酵素洗顔とはいえ、やっぱり洗浄力が高いものを使うということは、それだけ肌への刺激も強いということ。

そこで、酵素洗顔をする時に私がしている、「敏感肌を守るためのちょっとしたコツ」をご紹介します!

敏感肌向け酵素洗顔の手順

  1. 酵素洗顔の前にホットタオル。
  2. 酵素洗顔は泡立てネットでしっかり泡立てる。
  3. 手が肌に当たらないくらいの泡で洗顔。
  4. きれいに洗い流したら、冷水に顔をつける。
  5. スキンケアはいつもより保湿力の高いものを。

まず、ホットタオルで毛穴を開かせ、肌全体を柔らかくしておきます。そうした方が、優しい洗顔方法でもしっかりと汚れが落ちます。

補足
酵素洗顔はしっかり泡立ててほしいのですが、リフターナのように泡がスカスカしている商品もあります。その場合は、ご自身が使用している洗顔フォームを加えてみて下さい。泡が断然モッチリしますよ。


私はマジでこんな泡を作ります。(リアルガチで)

顔面を泡でおおいつくしたらきれいに洗い流し、最後に冷水(私は氷水です…!)に顔をつけ、毛穴を引き締めます。

洗浄力の高い洗顔料を使用すると、それだけ肌にも負担がかかっています。ですので、その後のスキンケアは手間をかけるというよりも、保湿力の高いもので充分に保湿してあげることを重視した方がいいと思います。

ゆき

スキンケアに手をかければまた、肌にとって負担になりますからね。

もちろん、「そんなの面倒!」・「そんな時間ない!」という方は、ホットタオルではなく入浴して毛穴を開かせるだけもいいですし、冷水で顔を洗い流すだけでもいいと思います。

しかし!洗浄力の高い洗顔の後は乾燥します!最後の保湿だけは忘れずに…!

ゆき