皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

【要注意】ED治療薬の購入で失敗しない為の情報まとめ

ED治療薬に興味をお持ちのあなたは以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • オナニーはできるのにセックス時に勃起しない…
  • なんとか挿入はできるが、中折れしてしまう…
  • 彼女(妻)とのセックスに限って、勃起しなくなってしまった…
  • 歳を重ねたせいか…勃起しなくなってきた…男性更年期障害?

まったく同じではなくとも、これに近いお悩みを抱えているかもしれませんね…。

そこでED治療薬の購入を検討している段階かもしれませんが、購入前に知っておくべきこと・注意すべきことがあります。

何も知らずに、安易にED治療薬を通販で購入すると、重篤な健康被害につながる可能性もありますので、ぜひ一度当サイトの情報をご確認ください。

以下のような内容・流れで、ED治療薬に関する情報をご紹介しております。

【結論】ED治療薬を購入する際はED治療専門クリニックがおすすめ


詳細は以下で説明しておりますが、全て読むのが面倒くさいという方のために、はじめに結論からお伝えします。

結論
ED治療薬を購入するなら「ED治療専門クリニック」を利用するのがおすすめ。その中でも特におすすめなのが「イースト駅前クリニックのED治療専門外来」です。
▼初診優待WEB予約の専用窓口▼

イースト駅前クリニックがおすすめな理由は、以下の通りです。

  • 基本、予約不要※1
  • 基本、休診日なし※2
  • スタッフは男性のみ
  • 駅近(主要駅から歩いて1分)
  • 取り扱っているED治療薬は国内正規品
  • スマホ診察にも対応(遠方の方でも受診可能)
  • 10年以上の歴史と豊富な治療実績(延べ件数78万件以上)
  • ED治療薬の処方までが非常にスピーディー(最短8分ほど!)
  • 初診・再診料が無料(かかる費用は薬代のみ。処方は1錠でも可)

※1初診に関しては、【初診優待WEB予約】の利用がおすすめ詳細はこちら>>

※2年末年始は休診日あり。札幌院・仙台院・金沢院・名古屋栄院・京都四条烏丸院・広島院は休診日あり。(2019年7月時点)

以下の表をご覧いただき、一般的な病院(泌尿器科・内科等)と比較すると、イースト駅前クリニックの利用メリットの多さが、お分かりいただけるかと思います。

比較項目イースト駅前クリニック一般的な病院
初診料無料必要な場合が多い
再診料無料必要な場合が多い
予約不要必要なところ有り
スタッフ男性のみ女性看護師がいる場合が多い
アクセス駅から徒歩1分様々
スマホ診察可能大半が未対応
休診日基本、土日祝日も診察可土日祝日が休みの場合が多い
ED治療薬の種類幅広く対応1種(バイアグラのみ)の場合が多い
1錠から処方可能か可能不可の場合が多い
補足
現在、イースト駅前クリニックは全国の主要都市で14院を構えております。また、お近くの主要都市にクリニックがない場合であっても「スマホ診察」に対応しているので、全国どこからでも受診可能となっています。詳しくは公式サイトをご確認ください。

ED治療薬を購入するならED治療専門クリニックがおすすめな理由とは?

前述の通り、ED治療薬を購入される場合は「イースト駅前クリニック」の利用を一番におすすめしておりますが、イースト駅前クリニック以外でED治療薬を購入する場合であっても、「ED治療を専門に行っているクリニック」の利用を推奨します。

以下で、その理由をご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。

ED治療薬を購入する方法は2つ。1つはリスク大。

ED治療薬を購入する方法は、大きく分けて以下の2通りです。

  • 通販(個人輸入代行サービス)を利用して購入する
  • 病院(ED治療専門クリニック・泌尿器科・内科等)で処方してもらう

通販の場合、誰にも顔を合わせることなく購入できますし、基本的に病院で処方してもらうよりも安く購入できます。

しかしながら、それらのメリットを打ち消すほどに大きなリスクが存在しています。

通販購入のリスク
  • 偽造薬が送られてくる可能性あり
  • 関税がかかる可能性あり
  • 医師の適切なアドバイスが受けられない
  • 重篤な健康被害を受けても自己責任
  • もし、あなたが「ED治療薬の正規品を確実に安価で入手できるルート」・「併用禁忌薬や服用方法についての知識」を持ち合わせていて…

    且つ「医師のアドバイスなんていらない!」「自分の身に何が起こっても自己責任!」と思えるのであれば、通販での購入を止めることはできませんが…

    そのような人は、先ずこのサイトにたどり着いていないはずです。

    以上のことからも、通販(個人輸入代行サービス)を利用してED治療薬を購入することは、決しておすすめできません。

    つまり、ED治療薬を購入するのであれば「病院で正規品を処方してもらう」の一択です。

    そして、病院は病院でも「一般的な病院」ではなく「ED治療専門クリニック」の利用を推奨しているわけですが…それは何故か?

    さらに詳しく見ていきましょう。

    専門クリニックの方が、処方をうけるまでの心理的なハードルが低い


    ED治療専門クリニックの場合
    ED治療を専門としているクリニックであれば、当然のことながらプライバシーへの配慮がなされています。具体的には、教育が行き届いたスタッフによる対応、他の患者と顔を合わせることのない仕組み…等々。ED治療専門クリニックに来院する人は、当然EDに関連した悩みを抱えている男性しかいないので、スタッフもそのように教育されています。
    補足
    スタッフがすべて男性で構成されているクリニックもあります。
    ※当サイト推奨のイースト駅前クリニックもその一つ、スタッフはすべて男性です。
    一般的な病院の場合
    一方、診療科目が複数ある一般的な病院であれば、その病院に来る患者はED治療を目的とした人ばかりではありません。もしかしたら知り合いとばったり鉢合わせとなり、どんな病気で来院したか事情を聞かれる…そんな可能性も捨てきれません。また、スタッフ(看護師)も女性の割合が絶対的に多いと言えるでしょう。

    以上のことから、一般的な病院よりもED治療専門クリニックの方が、処方をうけるまでの心理的なハードルは低いと言えます。

    専門クリニックの方が、ED治療薬の処方・会計が終了するまでにかかる時間が短い


    ED治療専門クリニックの場合
    名の知れたED治療専門クリニックの多くが処方・会計終了までにかかる時間は10分程度と謳っています。事実、そのくらいの時間で会計までが済んでしまいます。
    一般的な病院の場合
    一方、一般的な病院では様々。何十分、何時間もかかってしまうこともあり得ます。

    何かしらの病気で一般的な病院を受診した場合、会計を済ませるまでに何十分…ひどい場合だと何時間もかかってしまった経験、あなたにもあるのではないでしょうか?

    しかし、イースト駅前クリニックをはじめとしたED治療の専門クリニックでは、そのようなケースはまずあり得ません。診察を受け、薬が処方され、会計を済ませるまでに10分とかからないケースの方が圧倒的に多いのです。

    また、時間だけでなく費用に関しても、専門クリニックに軍配が上がるケースがほとんどです。

    専門クリニックの中には「初診料・再診料」が無料のところがある


    補足
    逆を言えば、一般的な病院であれば初診料と再診料がかかる場合がほとんどです。

    すべてのED治療専門クリニックが初診料・再診料を無料としているかは疑問ですが…イースト駅前クリニックをはじめ、多くの有名専門クリニックが初診料・再診料を無料としています。

    つまり、かかる費用は薬代(ED治療薬の購入費用)のみです。

    ED治療薬の購入先に関する情報まとめ

    ここまでの情報をまとめると以下の通りです。

    • ED治療薬は、通販(個人輸入代行サービス)を利用して購入できるが、決しておすすめできない。
    • ED治療薬の購入は病院で。病院の中でもED治療を専門で行っている病院の利用がおすすめ。
    • ED治療薬を購入する際に有名専門クリニックを選択すれば、心理的な負担・時間・費用…それらを無駄遣いせずに済む。
    • 当サイトおすすめのED治療薬購入先は「イースト駅前クリニックED治療専門外来」
    ▼初診優待WEB予約の専用窓口▼

    ED治療薬の種類とそれぞれの特徴を解説


    現在、日本では3種類のED治療薬が認可されています。具体的にはバイアグラ、シアリス、レビトラです。それぞれに特徴があり、副作用併用禁忌薬(一緒に飲むと相性が悪い薬)も異なりますので、注意が必要です。

    以下で、ED治療薬3種類について詳しく見ていきましょう。

    バイアグラの特徴(効果・副作用・併用禁忌薬)について

    効果持続時間は5時間ほど。適量であればアルコールと飲むのも可能。
    副作用頭痛、顔のほてり、動悸、目の充血、鼻づまり…等々
    併用禁忌薬硝酸剤・塩酸アミオダロン製剤・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬
    補足3種類の中で一番食事の影響を受けやすい。ジェネリックの種類が豊富で比較的安価。
    注意
    日本国内において、厚生労働省から認可されているバイアグラの規格は「25mg」そして「50mg」の2種類のみです。(ODフィルムの規格についても同じ。)つまり、それ以外の規格(100mg等)は国内未承認薬となり、病院で国内正規のED治療薬として処方されることはありません。(2019年7月時点)

    シアリスの特徴(効果・副作用・併用禁忌薬)について

    効果持続時間は最大36時間ほど。適量であればアルコールと飲むのも可能。
    副作用頭痛、ほてり、潮紅、消化不良、背部痛、筋痛、四肢痛、鼻づまり…等々
    併用禁忌薬硝酸剤・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬
    補足3種類の中では一番食事の影響を受けにくく、持続時間も長め。且つ副作用も比較的出にくい。
    注意
    日本国内で販売されているシアリスの規格は「5mg」「10mg」「20mg」の3種類のみです。(2019年7月時点)

    レビトラの特徴(効果・副作用・併用禁忌薬)について

    効果持続時間は最大8時間ほど。適量であればアルコールと飲むのも可能。
    副作用頭痛、顔のほてり、動悸、目の充血、鼻づまり…等々
    併用禁忌薬硝酸剤・抗ウイルス薬・内服の抗真菌薬・抗不整脈薬・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬
    補足バイアグラよりも食事の影響を受けにくく、シアリスよりは食事の影響を受けやすいとされています。水に溶けやすく、即効性の高いED治療薬。
    注意
    日本国内で販売されているレビトラの規格は「5mg」「10mg」「20mg」の3種類のみです。(2019年7月時点)

    ED治療薬3種について共通して言えること

    ここまでにご紹介しました「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」には共通して言えることがあります。

    それは…「薬を飲んだら勝手に勃起し、そのまま勃起状態が継続されるわけではない。(コントロール不能な「暴走状態」になるわけではない。)」ということです。

    性的刺激・興奮によって、「自然に勃起できるようサポートしてくれる薬」であるということを頭に入れておきましょう。

    また、もう一つ伝えなくてはならないことがあります。

    それは…「飲み合わせの相性が悪い薬(併用禁忌薬)が存在するので、担当医に確認してから服用する必要がある。」ということです。

    既往症や体質によっては服用できないケースも考えられますので、服用方法やその他気になることは、必ず医師に相談しましょう。

    ED治療薬の値段とは?相場は一体いくら?


    ED治療薬の値段が気になる方も多いかと思います。そこで、この章では「ED治療薬はいくらで購入できるのか」また、「購入する上で注意すべきこと」をご紹介したいと思います。

    まずはじめに、ED治療を行っている様々な病院のED治療薬の価格を調査した結果、キニナルナル編集部が導き出した価格相場は以下の通りです。

    キニナルナル編集部

    ED治療薬(1錠)の価格相場

    バイアグラ25㎎1,300~1,800円
    バイアグラ50㎎1,500~2,000円
    シアリス10㎎1,500~2,000円
    シアリス20㎎1,800~2,200円
    レビトラ10㎎1,500~2,000円
    レビトラ20㎎1,800~2,200円
    補足
    「~」と幅を持たせていますが、相場はこの中間値くらいです。上記価格相場表の値段よりも高ければ、そのクリニックのED治療薬の値段設定は比較的高めと言えます。また、あまりにも安すぎる場合は、正規品を処方してくれているか疑問を持つべきです。

    ED治療薬の値段が相場から極端に外れているクリニックは避けましょう

    信頼できるED治療専門クリニックの場合、相場から外れて、変に安すぎたり、極端に高いということは、まずありません。

    また、こちらの章でも少し触れましたが、多くの有名専門クリニックが「初診料」・「再診料」を無料としており、「実際にかかる費用は薬代のみ」という料金体系をとっています。(事前に、公式サイトを必ずご確認ください)

    一般的な病院の場合、この「初診料」や「再診料」がかかる場合が多々あります。一見「薬代は安く見えても、トータルで高くついてしまう」といったことも考えられますので、注意しましょう。

    ▼かかる費用は薬代のみ▼