皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

クリスマスまでに!恋愛やる気スイッチON!クリスマス恋愛映画おススメ3作品

私はクリスマスが大好きです!

ゆき

いや…まあ、当然ぼっちですけど…。

ぼっちなんですが、クリスマス前になってくると、なんだか心がウキウキしませんか?

クリスマスソングも大好きですし、イルミネーションやクリスマスツリーも、見ているだけで幸せな気持ちになります。

だが!私の心は燃えています!「今年こそクリぼっちを卒業し、リア充の仲間入りするんだ!」と…!

ゆき

恋愛やる気スイッチをオンにするため、恋がしたくなるようなクリスマス恋愛映画をご紹介します!

あなたが寝てる間に…

1995年公開の映画。主演はサンドラ・ブロック

あらすじ
ルーシー(サンドラ・ブロック)は地下鉄の改札係として働く孤独な女性。
そんな彼女の憧れは、毎日顔を合わせる名前も知らない乗客の男性ピーター(ピーター・ギャラガー)。クリスマスイヴの日、線路に転落し気絶したピーターを助けたルーシーは、病院で彼の親族から婚約者だと勘違いされます。
意識の戻らぬピーター、家族は婚約者だと勘違いしたまま。しかし、ピーターの弟ジャック(ビル・プルマン)だけはルーシーのことを疑っていました。

とりあえず、地味で素朴で孤独な主人公、ルーシー絶大な親近感!

温かくて面白くて優しいラブコメって感じです。でも、「最後はどうなるんだろう?」って結構ドキドキしますよ。

とにかくピーターの家族が優しくて温かいんです!家族もいない天涯孤独だったルーシーが、優しい家族と出会い、心温まっていく姿に、こちらも幸せな気持ちになります。

私がこの作品を初めて観たのは小学生の時。あの頃は何が何やら頭の中がぐるぐるしていましたが、「幸せな映画」として今でも印象深く、思い出に残っています。

ゆき

7月24日通りのクリスマス

2006年に公開された映画で、主演は大沢たかお中谷美紀

あらすじ
生まれ育った長崎で、平凡で退屈な生活を送るサユリ(中谷美紀)は、妄想だけが楽しみの地味な女性。そんな彼女の「自分だけの王子様ランキング」で、ずっとトップ独走中の憧れの先輩、奥田聡史(大沢たかお)と再会することに。
恋に臆病だったサユリが、妄想と現実の間で奮闘するお話しです。

サユリの妄想がバンバン出てきて、ほぼクリスマスのファンタジー映画みたいになっています。

ストーリーはありきたりなのですが、映像が素敵。長崎の風景も、妄想の中に登場するポルトガルの風景も、どちらもこの作品を彩っています。キリっとした雰囲気の中谷美紀が、冴えない女性を演じるのもまた新鮮でした。

妄想に生きる主人公に運命を感じて、映画館に観に行った思い出の作品です。姉と行ったのですが、姉は中盤で寝てました…。おいい!

ゆき

シザーハンズ

1990年公開。主演はジョニー・デップと、ウィノナ・ライダー

あらすじ
両手がハサミの人造人間エドワード(ジョニー・デップ)は、お化け屋敷のような屋敷で一人孤独に暮らしていました。ある日、化粧品の訪問販売をしている女性が屋敷を訪れ、エドワードに同情し、自宅に連れて帰ることに。エドワードは彼女の娘キム(ウィノナ・ライダー)に恋をします。心優しいエドワードに、やがてキムも惹かれていくのですが…。

監督はあのティム・バートンジョニー・デップとティム・バートンが初めてタッグを組んで誕生した作品なんです。

補足
ジョニー・デップよりも先に、エドワード役のオファーがあったのは実はトム・クルーズ
しかし、ティム・バートンが気に入らず、最終的にジョニー・デップに。

もし、この二人の出会いがなかったら、「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」も観れなったと思うと感慨深いですね!

うーん、でもウィノナ・ライダーはブロンドは似合わない!黒髪ショートが一番かわいい!

ゆき

恋愛やる気スイッチオン!

恋愛映画を観ると、急に恋愛したくなる魔法にかかりますよね。

「コタツの中でみかん食べてる場合じゃない!出会いだぁ!」って気分になれるかもしれませんよ!

ゆき

今回の映画はカップルで観てもとても楽しめると思います。

シングル&フリーダムなあなた!まだまだクリスマスまで一ヶ月あります!まだ間に合う!共に頑張ろうぜ!!

「もういいんだよ…あきらめたよ!ちくしょう!」という方はこちらへどうぞ!私はあなたの味方です!

クリぼっち集まれ~!ぼっちに優しいクリスマス映画4作品!キラキラに負けないぞ…!