皆の気になるを解明・解説・解決していくメディア

コスパ最強!無印良品の敏感肌向けスキンケアは超優秀!騙されたと思って使ってみて!

数年前からずーっと!大ブレイクしている「無印良品のスキンケア化粧品」

こちらの記事でも少しご紹介しました。

敏感肌用のプチプラスキンケア比較!ドラッグストアで購入できるオール1,900円以下!

ゆき

私も、もう何度購入したか分かりません!

@cosmeでも多くの商品が、ベストコスメを受賞しています。

無印良品らしい、シンプルなデザインで、内容成分までもがシンプル!

余計なものが入っていない、シンプルな成分だからこそ、敏感肌の人におススメしたいのです。

今回は、私が激推しする「無印良品スキンケア」について、3つの特徴と、敏感肌の方におススメの商品をご紹介します!

どうしておススメなの?

なぜ私がこれほどまでに無印良品のスキンケア化粧品をおススメするのか…!?

それは、無印大好きなオシャレ女子だからではなく、以下の3つの実用的なメリットがあるからです!

無印が似合うような、オサレ女子になりたい。

ゆき

良心的な価格!

まず、なんといっても価格が安い!

続けやすい価格でないと、どんなにいいスキンケア商品も長続きはしません。

一番安い化粧品になると、250円(携帯用なので内容量は50ml)、200mlの化粧水でも580円程度から。

最高額でも、2,590円です。

ゆき

価格が安いと、気軽にお試しできるのが嬉しいんですよね。

豊富なバリエーション

無印良品が展開するスキンケア化粧品のバリエーションは、約10種類、総アイテム数は357商品もあります。

シリーズ化粧品として販売されているものをまとめてみました。

  1. 敏感肌シリーズ
  2. エイジングケアシリーズ
  3. ハーバルシリーズ
  4. クリアケアシリーズ
  5. 海洋深層ミネラルシリーズ
  6. オーガニックシリーズ

このシリーズの中にも、美白タイプさっぱり・しっとり・高保湿タイプなど、様々な種類が販売されているんです。

でも、こんなに多いと、自分に合ったものがどれなのか分からない…!

キニナルナル編集部

という方のために!自分にピッタリのシリーズを提案してくれる、簡単なチェックサイトをご紹介します!

参考 無印良品のスキンケア選び無印良品
これであの、山のようなスキンケアコーナーで永遠にウロウロしなくて済む!

ゆき

シンプルな成分

はっきりと申し上げますと、無印良品のスキンケア化粧品には、特に目立って「良いものが入ってる!」ってわけではありません。

激推しから突然ディスる…。

参考までに、私が愛用している「化粧水・敏感肌用(高保湿タイプ)」の成分を見てみましょう。

配合成分
DPGグリセリンPEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グレープフルーツ種子エキス、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、BG、フェノキシエタノール、PCA-Na、クエン酸Na、クエン酸

化粧品の成分表というのは、配合量の多いものから順番に記載されています。

なので、こちらの化粧水の多くを占めるのは…、水!

ゆき

また、DPG(ジプロピレングリコール)は、ベタベタしにくい保湿剤、グリセリンはベタベタしやすい保湿剤。

だいたいの成分が、多くの化粧品に配合されている安全性の高い保湿剤なんです。

危険な成分(とまではいかないですが…)としては、合成ポリマーのPEG-32、界面活性剤のポリクオタニウム-51、また、防腐剤としてフェノキシエタノールも配合されています。

もんのすごく雑に言っちゃうと、この化粧水は、「水と保湿剤でできている」ようなもの。

ゆき

だからこの価格で提供できるんだと思います。

でも、敏感肌の方は、余分な成分をベタベタ塗りたくるより、シンプルな方が肌荒れしにくいんですよね。

化粧水として、目を引くような魅力がないのが魅力なんです。

敏感肌の方に「敏感肌スキンケア」

無印良品がおそらく一番、力を入れているシリーズは「敏感肌ライン」!

私はこちらのシリーズ、手あたり次第使ってみましたが、全く肌荒れしませんでした!

ゆき

おススメは「化粧水・敏感肌用(高保湿タイプ)」

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(大容量) 400ml

新品価格
¥1,150から
(2019/8/8 05:55時点)

先ほどディスり倒したくせにおススメするという矛盾。

しかし、先ほども申し上げたように、「シンプルさが魅力」なんです!

また、使用感もしっとり保湿できていいですし、ぶっちゃけ保湿だけが目的なら、水とグリセリンで充分なんですよ、きっと。

ゆき

でも、無印良品が力を入れているのはこの「水」!

水にこだわり抜きました。

スキンケア用品の主成分である水にこだわりました。日本各地の水を吟味した上で選んだのは、岩手県釜石、大峰山の天然水。ブナやクヌギの原生林に降り注いだ雨水が、何十年もかけて分厚い地層を通り抜け、岩盤の隙間から湧き出したものです。pH値は涙とほぼ同じ。ミネラル分の含有量が少ない、スキンケアにぴったりの超軟水です。これを外気に触れないように工場へと運び、うるおい成分を加えてスキンケア用品に仕上げました。清らかな自然が育んだうるおいを、肌へとお届けします。

出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076444961?searchno=8&sectionCode=S107020101

いい水とグリセリン、敏感な肌には最も優しい化粧水だと思うんです。

手頃な価格でライン使いできる!

とにかく安い!だから気軽にライン使いできるんです。

例えば…、「オイルクレンジング」950円+「泡洗顔フォーム」750円+「化粧水・高保湿タイプ」690円+「乳液・高保湿タイプ」780円+「美容液ジェル」990円+「保湿クリーム」950円を全部揃えたとしても‥‥5,510円!!!

5,000円程度の化粧水なんてこの世にゴロゴロある中、この価格でライン使いできるのは、敏感肌さんには本当にありがたいですね。

騙されたと思って使ってみて!

敏感肌用のスキンケアラインには必ず50mlの携帯用サイズが販売されています。

化粧水は250円~290円、乳液は250円~350円、オールインワン美容ジェルは390円(30g)、オイルクレンジング390円、洗顔290円などなど。

ゆき

まずはこちらの携帯サイズからぜひ、お試しあれ!

使用感について丁寧に説明されている動画も見付けたので、参考にしてみて下さい。

無印コスメは、金欠系敏感肌女子の救世主だと思います!

ゆき

参考 敏感肌シリーズ無印良品